本文へ移動

BLOG

悲しいけど、大事なお話。 クレジットカードについて。

2021-03-12
個人的なことです。
楽しいお話じゃないし、blogに書くのもな〜〜とも思うお話なのですが、みなさん、知っておいたほうがいいと思ったので、一人でも被害者が減るといいと思ったので。書きます。

わたし、先日、クレジットカードの不正請求被害にあいました。
たま〜〜に、ネットニュースなどで知ってはいたものの、「まさか自分が!」でした。
頻繁に海外旅行に行ったり、ネットであちこち怪しい?サイトをアクセスしたり、謎の差出人からのメールを開いてしまったり。とにかく「なにか、心当たりがある人」に起こっていることだと思っていました。


ネットでお買い物をしたと言っても、大手通販サイトのホーム画面からのお買い物。どこかお店で利用したと言っても、近所の毎週行くスーパー。天神の大手百貨店。
この、コロナの時代、あちこちで飲み歩いたり、カバンやお財布から目を離すような酔っ払い方もしていません。(あはは) 
電車にもあまり乗らないし、他人とすごく近距離になることもありません。(カバンの中のお財布の中のカードのスキミングなんてこともできるそうですね。恐ろしや)
何より、このクレジットカードは、今年に入って作成したばかりだったのです。それでこんなことが起こるなんて・・・!とても驚きました!


今回、発覚したのは、「請求書のチェック」をしていて自分で気がつきました。
全く身に覚えのない、でもとても有名な会社からの請求があったのです。
それからは、もう大変。
クレジットカード会社に連絡し、その請求先の「有名な会社」にも連絡。でもなんだかたらい回し。
消費者センターに相談し、警察にも相談し、
「わたしは被害者なのに・・・!!!」
クレジットカード会社に連絡した時点で、あとはおまかせ〜〜かと思っていました。「えっ?調べるの、わたし?」って驚きました。
とっても大変。
結局、あれやこれやで10日くらい費やしました。
精神程ダメージ1000%です。

現在、わたしのできることまでは終え、色々と調査の返答待ちです。その後、返金。の流れになるそうです。
(そうです、今回のケースは、一度支払うことから逃れられなかったのです。それもとてもショック!)


それでも、
こんなに大変でしたが、
とにかく良かったのは、
【わたしがすべてのクレジットカード利用のレシートを取っていて、請求書と照らし合わせの作業を行なっていたから!!!(被害に気づけたから!!)】です。

今回、色々と勉強し、このような被害はものすごく起こっていること。被害額はなんと数千円などの小さなものが複数回。など、とても多いということ。
日本のクレジットカード不正請求被害は200億近いという記事も見ました。(ぞっっっっとします。)


数千円の被害であれば、請求書のチェックをきちんとしていないと気づきませんよね。数万円でも気づかない人はいるのではないでしょうか。?


「被害に遭わないように」は、正直、無理な世の中になってしまっているんだな。って今回、思いました。
それよりも、「きちんと気づく。」「気づいてから適切な行動をとる。」しか、身を守ることはできなさそうです。



きっとこの blog を読んだだけで、げんなり。しちゃった方も多いのではないでしょうか。。。
こんなお話しして、ごめんなさい。
でも、知っておくべきだと思いました。



sum でも、クレジットカードでお買い物する方は多いですし、web shop まで運営しています。
そんな販売する側のわたしがこんなお話し・・・
みなさんのお買い物気分を邪魔したくありません。
だからこそ、「気づける」ように!!と!!!
気づかず、返金さえしてもらえない本当の被害者、とならないように願います。


この機会に、sum ではこのクレジットの機械を使っています。のご紹介? カウンターの下に設置しており、みなさんから見えない場所です。
機械の本体は見えない場所ですが、目の前でお預かりしたクレジットカードを通すのは、カウンターの上に出している機械です。
必ず、お預かりしたクレジットカードが、一瞬も、みなさんの目の前からは消えないように気をつけています。

黄色いトレーでお預かりしてから手渡しでお返しするまで、
左 小さな白い機械
中 四角の白い機械
右 番号がついている機械
のどれか1つに通して決済をします。

左と中 の小さめの機械が、見慣れていない方も多く、なんぞや〜〜〜と思われるかもしれませんが、怪しいものではありません!!お支払いの回数のご希望により使用する機械が違うのです。(これは sum の機械の契約の都合です。すみません。)

「カードお預かりします〜〜〜」と言って、店の奥や、ちょっと、裏。などに、持って行かれるお店は気を付けてください。(飲食店など、テーブル会計だとしょうがない時もありますし、その全てを責める気持ちはありません。)


気をつける。
気づく。

です。


もし、万が一、何かあった時は....こんな風に動いたよ。くらいはお伝えできます。その時は聞いてください。

その時が訪れませんように。

こんなお話のせいで、みなさんがお買い物嫌いになりませんように!


sum からの大事なお話でした。
TOPへ戻る